奇特なブログ

「殊勝に値する行いや心掛け」を意味する、奇特な人になる為のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自作フレームワーク:utility.php

注意:
本プログラムは、
いわゆる徳丸本に書かれているセキュリティ対策の多くは反映してます。
しかし、高難易度の攻撃に耐えられる程の対策は出来ていないと思います。
本プログラムの流用は自由ですが、流用によって生じた損害については、
自己責任でお願いしてますので、その旨ご了承下さい。


自作フレームワークのトップページに戻る



<?php

/**
* ユーティリティクラス
*
* 便利なメソッドを提供
*
* @access public
* @create 2010/08/12
* @version 1.0
*/
class utility
{

/**
* コンストラクタ
*
* @access private
*/
private function __construct()
{
// 外部からのインスタンス生成を禁止
}

/**
* 配列をチェックして値を取得する
*
* @access public
* @param array $array チェック対象の配列
* @param string $key 配列のキー名
* @param null $default_val 配列に値が存在しない場合に使用する値
* @return mixed 配列に値が存在すればその値、存在しなければnullを返す
*/
static public function get_array_val($array, $key, $default_val = null)
{
return isset($array[$key]) ? $array[$key] : $default_val;
}

/**
* SQLパラメータの?を$に順序付けて置き換える
*
* @access public
* @param string $sql 置換対象のSQL文
* @return string 置換されたSQL文
*/
static public function sql_param_question_to_dollar_num($sql)
{
$tmp_arr = explode('?', $sql);
$sql = $tmp_arr[0];
$tmp_arr_len = count($tmp_arr);
for ($i = 1; $i < $tmp_arr_len; $i++)
{
$sql .= '$' . $i . $tmp_arr[$i];
}

return $sql;
}

/**
* オブジェクトを連想配列に変換する
*
* @access public
* @param object $obj 任意のオブジェクト
* @return array 変換された連想配列
*/
static public function convert_object_to_array($obj)
{
// オブジェクトは配列にキャスト
if (true === is_object($obj))
{
$obj = (array) $obj;
}

if (true === is_array($obj))
{
$new = array();
foreach ($obj as $key => $val)
{
// プロパティ名以外の不要な文字を削除
$key = mb_substr(mb_strrchr($key, "\0"), 1);
$new[$key] = self::convert_object_to_array($val);
}
}
else
{
$new = $obj;
}

return $new;
}

/**
* バブルソートを行う
*
* @access public
* @param array $arr ソート対象の配列
* @param boolean $asc 昇順か降順かを表すフラグ
*/
static public function bubble_sort(&$arr, $asc = true)
{
$flg = true;
$arr_size = count($arr);
$k = 0;

// 昇順・降順の判定処理は繰り返す必要がない為、ループ外に書いた
if (true === $asc)
{
// 昇順
// ソートする要素がある間繰り返す
while (true === $flg)
{
$flg = false;
// 配列後方のソート済みの要素を除外して繰り返す回数を減らす
for ($i = 0; $i < $arr_size - 1 - $k; $i++)
{
if ($arr[$i] > $arr[$i + 1])
{
$flg = true;
self::exchange($arr, $i, $i + 1);
}
}
$k++;
}
}
else
{
// 降順
// ソートする要素がある間繰り返す
while (true === $flg)
{
$flg = false;
// 配列後方のソート済みの要素を除外して繰り返す回数を減らす
for ($i = 0; $i < $arr_size - 1 - $k; $i++)
{
if ($arr[$i] < $arr[$i + 1])
{
$flg = true;
self::exchange($arr, $i, $i + 1);
}
}
$k++;
}
}
}

/**
* マージソートを行う(優先度高:降順処理が未完成)
*
* @access public
* @param array $arr ソート対象の配列
* @param int $size 分割していくブロックの数
* @param int $offset 配列内のソート開始位置
* @param boolean $asc 昇順か降順かを表すフラグ
*/
static public function merge_sort(&$arr, $size, $offset, $asc = true)
{
// ブロックが1つになったら分割終了
if (1 >= $size)
{
return;
}
// ブロックを2分割
$block = (int) ($size / 2);

//-----------------------------
// ブロックを前半と後半に分ける
//-----------------------------
// 前半
self::merge_sort($arr, $block, $offset, $asc);
// 後半
self::merge_sort($arr, $size - $block, $offset + $block, $asc);

$buf = array();
// 併合(マージ)操作
for ($i = 0; $i < $block; $i++)
{
$buf[$i] = $arr[$offset + $i];
}

$j = $block;
$i = 0;
$k = 0;
while ($i < $block && $j < $size)
{
if ($buf[$i] <= $arr[$offset + $j])
{
$arr[$offset + $k++] = $buf[$i++];
}
else
{
$arr[$offset + $k++] = $arr[$offset + $j++];
}
}

while ($i < $block)
{
$arr[$offset + $k++] = $buf[$i++];
}
}

/**
* クイックソートを行う
*
* @access public
* @param array $arr ソート対象の配列
* @param int $begin ソートする開始位置のインデックス
* @param int $end ソートする終了位置のインデックス
* @param boolean $asc 昇順か降順かを表すフラグ
*/
static public function quick_sort(&$arr, $begin, $end, $asc = true)
{
// 開始位置と終了位置が重なるか交わったら処理終了
if ($begin >= $end)
{
return;
}

// 開始位置の値を基準値とする
$standard = $arr[$begin];
// 昇順・降順の判定処理は繰り返す必要がない為、ループ外に書いた
if (true === $asc)
{
// 昇順
// 開始位置と終了位置が重なるか交わるまで繰り返す
for ($lower = $begin, $upper = $end; $lower < $upper;)
{
// 開始位置と終了位置が交わるか、開始位置の値が基準値より大きくなるまで開始位置を増やす
while ($lower <= $upper && $arr[$lower] <= $standard)
{
$lower++;
}
// 開始位置と終了位置が交わるか、終了位置の値が基準値以下になるまで終了位置を減らす
while ($lower <= $upper && $arr[$upper] > $standard)
{
$upper--;
}
// 開始位置と終了位置が重なるか交わってなければ開始位置の値と終了位置の値を入れ替える
if ($lower < $upper)
{
self::exchange($arr, $lower, $upper);
}
}
}
else
{
// 降順
// 開始位置と終了位置が重なるか交わるまで繰り返す
for ($lower = $begin, $upper = $end; $lower < $upper;)
{
// 開始位置と終了位置が交わるか、開始位置の値が基準値より小さくなるまで開始位置を増やす
while ($lower <= $upper && $arr[$lower] >= $standard)
{
$lower++;
}
// 開始位置と終了位置が交わるか、終了位置の値が基準値以上になるまで終了位置を減らす
while ($lower <= $upper && $arr[$upper] < $standard)
{
$upper--;
}
// 開始位置と終了位置が重なるか交わってなければ開始位置の値と終了位置の値を入れ替える
if ($lower < $upper)
{
self::exchange($arr, $lower, $upper);
}
}
}

// 基準値を中央に移動し、
// 基準値より小さい(大きい)値は左側に、大きい(小さい)値は右側になる様にする
self::exchange($arr, $begin, $upper);
// 基準値より左側の値の中でのクイックソート
self::quick_sort($arr, $begin, $upper - 1, $asc);
// 基準値より右側の値の中でのクイックソート
self::quick_sort($arr, $upper + 1, $end, $asc);
}

/**
* 配列の要素を交換する
*
* @access protected
* @param array $arr ソート対象の配列
* @param int $begin ソートする開始位置のインデックス
* @param int $end ソートする終了位置のインデックス
*/
static protected function exchange(&$arr, $begin, $end)
{
$tmp = $arr[$begin];
$arr[$begin] = $arr[$end];
$arr[$end] = $tmp;
}
}



スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2010/08/12(木) 18:15:56|
  2. 自作プログラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自作フレームワーク:view.php | ホーム | 自作フレームワーク:model.php>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kitoku1.blog129.fc2.com/tb.php/28-cfaaee08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。