奇特なブログ

「殊勝に値する行いや心掛け」を意味する、奇特な人になる為のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Javaの仕事って、Javaの「どの辺」の仕事?

一言で「Java」と言いましても、以下の様に色々と有りまして。

1 WebのJava(J2EE)
 1.1 フレームワークが無い
 1.2 Struts1系
 1.3 Struts2系
 1.4 Spring Framework
 1.5 JSF
 1.6 Seasar
2 スタンドアローンのJava(J2SE)
 2.1 EclipsePlugin
 2.2 Androidアプリ
3 携帯のJava(J2ME)
 3.1 MIDP
 3.2 Doja

他にも、これより更に具体的にすると、
EJBとかJNDIとかJAXPとか、まだまだ有るんですが。

あと、今回のテーマでは無いですが、
Javaが出来るって、「どのくらい」出来るの?という話を組み合わせると、
「Javaのどの辺が、どのくらい出来るの?」って、
レベルで話をする必要があると思います。

他の言語(PHPとかCとか)は、Javaに「比べると」使われる範囲が狭いと思うんですよね。
例えば、PHPの仕事だったら、ほぼWebアプリでしょうし。
まあ稀に、コマンドラインでバッチ系なんてケースもあるかとは思いますが。

で、要するに何を言いたいのかというと、

「Javaという言葉だけで一括りにするのは止めましょう」

と、

「お願いだから、これ以上Javaで出来る範囲が広がらないで」

ということで(苦笑)

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/02/10(木) 01:19:52|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。