奇特なブログ

「殊勝に値する行いや心掛け」を意味する、奇特な人になる為のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

嫉妬について_その1

最近、色々な記事を読んだりしていると、ちょくちょく目にする(以前よりも目にする機会が多い気も)「嫉妬」とか「妬み」って言葉。
まぁ、自分も無意識の内に、結構使っていたみたいですけどねw

で、以前にもこういう記事 http://kitoku1.blog129.fc2.com/blog-entry-2.html を書いてはいるんですけど、
改めて読み返すと内容がイマイチなので、またちょっと書いてみたいと思います。

まず、幾つか質問を、僕自身にしてみます。

Q1.「貴方は嫉妬しますか?」

Q2.「人間は、誰しも嫉妬すると思いますか?」

Q1は、はい、します。
メチャクチャしているかどうかまでは分からないですけど、
時々していると感じる事はありますので。

Q2は、分からん。
稀に、嫉妬するという感情を持っていない様に見える人も、見たりするので。
で、まぁ、聞いてみたいとは、やっぱり思いますね。「嫉妬しない方法」というのを。

さて、Q2については、イマイチ分からないので、
Q1について、「じゃあ、自分はどんな時に嫉妬しているのか?」を分析すれば、
解決の糸口も見えてくるかもしれませんので、その辺を詳しく。
あと、「後半になるに連れて、段々克服方法が難しくなっていく」ので、ご注意を。

まず、恋愛方面だと「見た目が美人もしくは可愛い女性(美女とします)が、見た目がダサい男と街中で手を繋いで歩いているのを見た時」に嫉妬する。今は、もうしないと思うけど。
で、コレ、なんだかなぁとも思うんですけど、
でも、恋人いない人が美女と付き合いたいと思うのは、別に変な話じゃないわけで。
で、なんでこういうのに嫉妬するのかというと、
「類は友を呼ぶから、美女が美男を求めるのなら、諦めも付く。でも、あんな見た目の男がモテているのに、なんでそう悪くない見た目のお前がモテないんだろうな」と、
自分の友達に言われたら、そりゃあ嫉妬もする。
しかも、これは経験無いけど、その女性が元恋人で、「もっと素敵な人と付き合いたい」とか言われて別れたなら、尚更。
「素敵なヤツが、あんなダサい男かよ!」となるでしょうから。
で、コレ、どうやったら嫉妬しなくなったのかというと、
「見た目がダサいその男が、実はその女性が求めていた"素敵さ"を持っていた」のを、自分が認識出来た時。
色々な方がいらっしゃるわけで、「素敵」といっても、素敵の基準がどこにあるのかというのはあるわけで。
で、その女性にとっては、見た目は全く重要ではなく、内面を重視していて、
ダサい男の内面に惹かれていたとしたら、何ら不思議ではないわけで。

次に、これは自分自身ではあまりなく、他人が他人に対して言っているのを見た時の話。
ネット上で多いんですけど、「とても評価されている人がいた時」に、
「そんなのは、大したことないよ」とか、
「そんなの、俺でも出来る」とか言って、評価しない人々。
分野は正直色々(パチスロの目押しでも、最近見たし)で、分野に限らない話かもしれません。
で、コレ、個人的にもゼロではない(あまり無いけどね)んですけど、
殆どの場合において、「自分も評価されている事と同じ事を実践してみる」事で、
「とても評価されているのは、出来る人が殆どいないからだ」というのを、
自分が認識出来た時に、大抵はおさまります。
分野に限らず、とても評価されている人は、「凡人とは比べものにならない程の努力」をしています。
本を数百冊(数千冊)読んでじっくり考えたり、縛りゲーで凡人なら詰む様な状況になっても、
あらゆる手段を考えて駆使してクリアしたりと。
あと、宣伝(リアル・ネット問わず)を惜しまないし、工夫もしている。
結局ですよ、いくら実力や才能があった所で、
それを「他人が認識出来なければ」、やっぱり評価はされないわけでして。
でも、上記のとても評価されている人は、その辺を認識しているが故に、色々と努力をしていて、
それが、実を結んでいるんだと思いますね。
で、僕はどうかというと、「上記、全部やってみたが出来ない」んですよ。
だから、「まぁ、凄いねぇ」と思ってしまい、最初は嫉妬はしても、自然にしなくなりましたね。
まぁ、出来なくて個人的に困る部分については、改善していくしかないわけですけど。

で、さっき「大抵は」と書きました。
なので、「大抵じゃないケース」について。
つまり、「上記の点は踏まえていて、色々努力をしているが、それでも中々評価されない」場合。
先程も書きましたけど、評価されるには「他人が認識出来るか否か」がキーポイントになると思います。
ですから、「難しくて多くの人が認識出来ない内容を、認識しやすい様に簡単にする工夫」というのは必要かと。
ところが、それをやった上でも、
他人があまりにも無能(というより、理解する気がないのが大半かと)過ぎて、
認識出来ないとした場合、もうどうにもならないんですね。
で、この場合、一つあると思うのが、
「その環境では、評価されないだけ」という視点。
個人的にもよくあるんですけど、例えば「その町」「その会社」「その職場」「そのコミュニティ」などでは評価されないけど、
「環境を変えれば」評価されるというもの。
個人的には、「職場」で多いんですけどね。
よく変わるからだと思うけど(苦笑)
なので、その環境にとっては、大変に残念な結果になるんじゃないかと思うんですけど、
でも、「自業自得」だとも思いますね。
あまり気にしても仕方ないと思いますよ。
まぁ、個人的には性格的に結構気にしちゃうんですけど、どうにかなったケースは無いですね(苦笑)

さて、ここでまた話を変えて、
今度は兄弟とか部下同士という「ライバル」的なケースについて。
ありがちだと思うのが、「あっちは愛しているのに、どうして自分は愛してくれないの?」というもの。
これ、幾つかあると思ってまして、
まず、自分は本当に愛されていないのか?という視点。
「あっちは評価されているけど、でも自分も評価されていない」ですか?
「相談したりした時に、ちゃんと相談に乗ってもらえていない」ですか?
という部分を、自分が認識出来た時に、嫉妬も自然におさまっていくと思いますね。
あとは、さっきも似た様な事を書いたけど、
「あっちが愛されているのは、努力量が半端無いから」というのも。
あと、もう一つあって、
愛の定義にもよりますけど、「愛されていないのは、信用されている事の証」というもの。
親にしろ上司にしろ上に立ってる人の視点として、
「脱落者を出さない」という全体最適(全体主義とは違うと思われ)的な視点というものがあると思いますし、
「出来ない子や部下の方を面倒見る」というのは、別に変な話でもなく。
あと、「放置されている」というのも考えようで、
逆に「信頼されているから、放置していても問題ない」と判断されているとも。
それは、「守破離」の「離」かもしれませんよと。
というのを、自分が認識出来た時に、嫉妬も自然におさまっていくと思いますね。
まぁ、上の視点と下の視点って違うから、中々溝は埋まらないとは思いますけどね。

さて、ここまで色々書いてきましたけど、実は殆どの場合において共通点があると思います。
「自分が認識出来た時」。まさにコレで、「認識出来ていない部分について、嫉妬する」と思ってます。
「とても評価されているのは、こんなに努力をしているからだと、"認識出来なかった"」とか、
「あっちだけじゃなくて、自分も愛されていたというのを、"認識出来なかった"」とか。
ですから、認識出来る為の努力をしなければ、嫉妬は解消されないと思いますね。
あと、個人的には不可知論者 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%8F%AF%E7%9F%A5%E8%AB%96 だから、
全てを認識することは出来ないと思っているので、
じゃあ、「認識出来ない部分については、一生嫉妬し続けるかもしれない」とも思っていたりw
ですから、これからも「嫉妬しては認識しようとして解消する」の繰り返しになると思いますね。
「嫉妬の輪廻」とでもいうかw
まぁ、「上手に付き合っていきましょう」ということですね。

さて、ここまで「自分が嫉妬"した"時に、それを解消する方法」について書いてきました。
じゃあ、逆に「自分が嫉妬"された"時に、どうすればよいか」についてなんですけど、
これ、結構微妙じゃね?と感じてまして。
というのも、自分が嫉妬しているかどうかの判断よりも、
嫉妬されているかどうかの判断の方が難しいと感じていまして。
例えば、「アイツは、けしからん」というのが、嫉妬による「感情的な部分」から来ているのか、
そうではなく、「合理性や論理性による誤りを改善しようとしていない」部分から来ているのかを判断出来るか否かという点。
で、上記だけでも難しいんですけど、
こちら http://www.playing-engineer.com/?p=1249 にもある様に、
「男(女の場合は、また違うかも。経験が無いので不明(苦笑))」の場合、
嫉妬は感情だけど、男は論理性でそれを隠してしまいます。
まぁ、「正義」とか。
ですので、「非常に判断が難しいんじゃないか」と思うんですよね。
実際よく見ますしね。
例えば、「イノベーションを邪魔しようとする奴は、自分が出来ないから嫉妬しているだけだ」と、
嫉妬「されている」側が言っているのを。
実際、もしかしたら、本当に嫉妬なのかもしれないですけど、
でも、そうではないと証明するのも、非常に難しいんじゃないかなと思うんですよね。
でも、そこで、「いや、これは嫉妬じゃなくて、合理的な意見だ」とか言っても、
もう、「ドロ沼状態」で、どうにもならないと。
一応、上記リンク先にもある様に、
「所属している組織の目標を外れたり、非合理な文句をいっている状態」
という意見もあり、まぁ「コレに該当するケースも、それなりに多い」とは思いますけど、
ただ、「相手ではなく、自分の方が組織の目標を外れていたり、非合理な文句を言っている"かも"しれない」という可能性もあるわけで。
まぁ、厳しく言えばですけど。
いや、個人的にも実際、上記の様な理由で嫉妬されていると感じる時はあるんですよ。
ただ、「この辺は、他人の感情の話だし、そこまでは見極められないなぁ」と思ってまして。
だったら、「自分が嫉妬されているかどうか」よりも、
「自分が他人に対して持つ、嫉妬と上手に付き合っていく様にしよう」と、考える様になりましたね。
実際、そっちの方が「圧倒的に楽」だし、
極端な話、嫉妬「する」人がいなくなれば、嫉妬「される」人もいなくなりますしね。
ということで、まぁ微妙じゃないかなと。
あと、「嫉妬を解消しようと努力していない人が、努力している人に対して嫉妬する」という場合でも、
自分が嫉妬されている場合は、上記の通り、あまり気にしてもしょうがないかなぁと。
個人的には、それでも気になってしまうというのはありますけど、これも「良し悪し」ですしね。

あと、これは「声を大にして」主張しておきたいですけど、
「嫉妬を解消しようと努力しない」のは「悪」なんじゃなくて、
「嫉妬を解消したければ努力しよう」という事だと思いますね。
ですから、「努力して嫉妬を解消した、俺エライ」のが、「善」にもならないと思います。
これも、微妙な点があるかもしれないですけど、強いて「善悪」を言えば、
「嫉妬を解消しようと努力しない自分を、いつまで経っても(いつまでかは、議論になるでしょうけど)認めようとしない」のが、
「悪」じゃないかなと思いますね。
というのも、これは今回詳しく書かない(書けないともいう)ですけど、
いわゆる「負とされている要素(嫉妬もそうでしょう)を、自分が持っている事を認識しているか否か」によって、
表面に出る、負の要素の現れ方が違うというのがあると思っていまして。
悪い事だと分かっているから、「分別」が付けられているという様に感じますね。
「悪意の無い泥棒が一番タチが悪い」という言葉もありますし、その辺かなと。
嫉妬とは、直接関係ない話なので、これで終わりますけど。

あと、最後に全然別の視点として、
嫉妬って「他人が出来て、自分が出来ない事」に対して持つ事が多いとも思いますけど、
でも、「それって、本当に出来なきゃいけない事?」という視点もありますね。

まぁ、解決手段とかも含め、他にも色々あると思いますけど、
この辺は、ググると一杯出てくるので、参考にすると良いんじゃないかと思います。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/04/24(木) 17:10:43|
  2. 心理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「消滅願望」というものがあるみたい

いや、たまたまこんな記事 http://matome.naver.jp/odai/2139037516465643601 を見つけて分かったんですけど。

せっかくですんで、僕個人がどうかも含めて触れてみることにします。

自分の存在をなかったものにしてしまいたい。
そう思ったことは、ありますか?

「なかったものにしてしまいたい」というのは、あるかもしれないし、ないかもしれないし、ちょっと分からないですね。
ただ、「自殺してしまいたい」なら、これはあります。未遂も、覚えている限り最低二回は。
じゃあ、なんで死ねなかったのかという話になってくるんですけど、
「親を悲しませたくない」という、この一点に尽きると思います。
それ以外の人は、全然無いですね。
ですから、親の愛情、もう少し具体的に書きますと、
「誰かから必要とされているという実感」が一人に対してでもあれば、
「死にたいけど、死ねない」という感情が出てくるんじゃないかと思ったり。
でも、親の愛情が無かった、もしくは親の愛情はあったけど、
社会に出てから職場(正確には上司かと)での愛情(というより、必要とされていたかどうか)がなければ、
仕事をしたいとは思わないんじゃないかというのは、ある様に思います。

で、僕が職場ではどうだったかについては、
最初は「必要とされているという実感」が「殆ど無かった(でも、ゼロでは無かった)」ですね。
ですから、しばらくはキツかったです。
ただ、ITの業界だけでいきますと、
3年ぐらい経ってからは、まぁ「現場(色々と変わってますんで)に依る」といった所です。
ダメな現場は、全然ダメでしたけど、
評価されて、惜しまれつつ離れた現場もありましたし。
手前味噌ですけど、「勉強したから」というのは、やはりあった様に思われます。
評価されたというのが、「努力したことによる結果」を評価されましたので。

で、他の発言も見ると、この「周囲に必要とされていないと思う不安」というのが、
この消滅(あるいは自殺)願望の根っ子にある様に感じます。
「「必要とされたい」の裏返し?」とも、書いてますしね。
で、僕もそういう不安はあります、というより、死ぬまでずっとあると思いますね。
で、そうならない為に、勉強しているんです。
というのと、「せっかく生まれたのだから、死ぬまでに何か一つぐらいは社会に遺したい」というのもありますね。

ということで、こういった消滅願望を持つ人を減らすには、
「自分は必要とされているという実感を周囲が与えること」が必要だと思いますね。
まぁ、「実は周囲は与えているのだが、本人がそれに気付いていない」というのもあるかもしれませんけど。
で、個人的には、自分に向かってくる人(まぁ、数は少ないですけど)には、対処してますけど、
それ以外については、「個別に批判していない人以外は、全員必要としている」という態度なもんで。
だから、個別に対応って出来ないんですよ、「数が多過ぎて」。

さて、じゃあ次に来る点として、「幾ら努力しても、中々周囲に必要とされないのだが」という悩みもあると思います。
ここは、こちら http://kitoku1.blog129.fc2.com/blog-entry-204.html にも書いたんですけど、
スキルレベルが上がってくると、溝が深くなる(階段で言うと、一段の高さが高くなる様なもの)が故に、
「努力の成果を、きちんと実感することが出来る」のにも「時間がかかる」となってしまうんですね。
ですから、「幾ら努力しても」というのは、「まだ努力が足りない」っていう可能性があるんじゃないかなぁと思います。
あと、この辺のレベルまで上がってきますと、
一つの分野だけだと厳しくなってくるとも思いますね。例えば「技術"だけ"」とか。

あと、最後に不安っていうと「将来に対する不安」について。
正直、自分の人生を振り返ると、
将来どころか、「数ヶ月先すら予想しても外れている(特にここ数年)」展開なので、
「将来と言われても、先過ぎて不安を感じるも何も」という感じでして(苦笑)
「国に対する不安?」、ありますけど、国の話とかになると、
僕一人で考える様な話じゃないですからね。それこそ「独裁」だw
だから、「国民に不安を与えている政治とか会社(主に社会的影響の大きい大企業)」は、
反省して改善していって下さいというのはありますけど、
ただ、「迷惑を受けている部分もある」し、
「恩恵を受けている部分(この辺は、他の国とか他の会社とか見ないと分からないかもしれない)もある」と思っているので、
「殺したくなる程、批判しているか」というと、「個人的には」そこまではないかも。
まぁ、ゼロじゃあないですけどね。聖母マリアじゃあるまいし。

ですので、話を戻すと、「消滅願望」については、
「全く理解出来ないわけではないけど、消滅したいとか死にたいとまでは、"今は"思わない」ですね。
ただ、以前はそれなりにあって、「周囲から必要とされていた事で助かっていた」とは思うので、
これは、社会全体として取り組む必要がある問題だとは思いますよ。
僕のスタンスは、上記に書いた通りですけど。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/04/16(水) 20:57:40|
  2. 心理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好意的に解釈しようと思えばいくらでも出来るけど・・・

今回は、以下の記事に対する感想を中心とした内容です。
あと、下記の記事が言いたい事を、筆者が誤解している可能性が、今回は「特に高い」ので、
その際にはご了承頂ければと思います。

バランスの取り方
http://d.hatena.ne.jp/gallu/20110803/p2
極端な場所にいると、どうしても「逆側に極端になる」ことで、全体のバランスを取っている
取っていると思いますっていうか、これは皆そうだと思うんですがね。
で、バランスの取り方には2パターンあると思うんですが。

パターン1は、「絶対的ではなく、相対的に見る事でバランスを取っている」です。
例えば、コミュニケーションしたいっていう気持ちや姿勢(コミュニケーションマインドと筆者は命名しています)が、「皆無」や「限りなく無い」人々ばかりを相手にしていると。
「少し」有りそうや、「まあまあ」有りそうぐらいの人でも、
「凄く」有る「様に見える」と思います。
でも、それはあくまでも、「相対的」な評価であって、「絶対的」な評価ではないと思うんですね。
ただ、それでも、相対的に見る事(ここでバランスを取っている)によって、
「ああ、凄く有る(実際にはそれ程無くても)人も居るんだな」と、自分の中で解釈しているわけです。
これが、まず一つ。

パターン2は、「好意的に解釈する事で、相手を嫌いにならない様に工夫する」です。
こっちも例をコミュニケーションにします(セキュリティとかでも面白そうですが)が。
例えば、「質問や意見や反論が一切(もしくは全然)ないけど、どのくらい認識出来ているのだろうか?」とか。
で、これは、筆者の経験則で、根拠はないのですが。
ある事への認識や理解を「深める」には、会話(質問や意見などを述べる)が必須だと思っています。
なので、別に「常にフィードバックを」っていう程、厳密なモノだとは思ってませんが、
そうはいっても、何もフィードバックが無いと、やはり「大丈夫なのだろうか?」と思うわけです。
で、ここでまた「バランスを取る」が発動して、
「きっと」認識している「はず」、分かってくれている「はず」などと解釈して、
バランスを取っているのです。
勿論、思っていた「よりは」認識出来ているケースもあります(つい先日有りました)。
でも、実際にはどうでしょうね。勿論他人には分からない事ですが。
で、この辺がトラバ元でいう、
「あらゆる可能性」だけを盾に虹色に八方美人な対応したって意味はない
って、辺りと推測します。

じゃあ、ここで、パターン1も2もですが。
「ある瞬間の時間軸」、より厳密には「その時間軸にあなたが存在しているlocation、経験、周囲その他」を前提に「とりあえず仮決め」としての正しさは、あるいはあるんじゃなかろうか、と思うです。
「とりあえず仮決め」って辺りがポイントだと思うんですが。
パターン1だと、「本当はあるのかもしれないけど」、あの人にはコミュニケーションマインドが無いと「仮決め」したり。
パターン2だと、「理解しているかもしれないけど」、あの人はきっと理解していないはずと「仮決め」したりするもんだと思います。
というか、仮決めしないと、プログラムでいうと無限ループになるんですけど。

でも、仮決めは所詮「仮」であって。
今後の展開次第で、「その判断はやはり正しかった」ってなるか、
「いや、それは貴方の判断が誤っていた」って、どっちにも転ぶと思います。
あるいは、「1年前のあの人に対しては正しかったが、今のあの人に対しては誤っている。なぜなら、あの人は成長したから」ってケースもあると思います。

では、そろそろ終わりにしますが。
「諸行無常」の通りなんですけど。
例えば、「縁切り」が発生したとしましょう。
で、例えば1年後に、どっちからともなく「縁を戻したい」って話になったとしましょう。
で、その時に、どうして縁切りという結末になったのかって辺りや、
「縁を戻したい」って言ってきた時の、「お互いの態度」辺りにも因ると思いますが。
基本的には、縁を「戻してあげて」下さい。
1年前と今は「違う」んですから。
勿論、何も変わっていないという可能性もありますが、
それは、多少はやり取りしてみなければ、分からないと思うので。
また、上記にもある通り、
相手の「縁切り」が、「とりあえず仮決め」の可能性もあります。
ですので、「縁を切られた!」とあまりムキにならずに(負の感情を持ち続けずに)、
「柔軟に」受け入れれば良いのではないかと思います。

で、締めたいんですが、
実際には、「過去に囚われたり、過去を引きずったりする」ケースがやっぱり多いんですかねぇ?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/08/05(金) 23:49:26|
  2. 心理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それはプラス思考というの?

今回はざっくりとしか書きませんが、どうも以下のような言葉群に違和感を感じます。

1.そんな事はたいした問題ではない。プラス思考でいこう
2.私の考えが間違っているわけがない。そんなのは単なるデマ。プラス思考でいこう
3.ああ、問題が起きたか。でも大丈夫、プラス思考でいこう。きっと良い結果になる
4.これには、こんな便利で良い所がある。なんか言ってる人がいるけど、プラス思考でいこう

筆者には1ミリたりとも理解出来ない世界観なんですがね(苦笑)
というか、上記の1~4は「楽天主義」とか「楽観主義」とかっていいませんか?
筆者の、言葉の「定義」が一般的ではないのかもしれないのですが、
プラス思考っていうのは、

「負の側面を十分に知った上で、前向きに考える事」

なのではないでしょうか。
以前に書いた「せっかくだし」。それはチャンスの一種の考え方あたりが、
プラス思考だと思うのですが。
しかし、実際には負の側面を見ていない(見る気すらない)で、
プラス思考でいこうと言っているケースが多い様に感じます。
全員が全員該当しているわけではないのですがね。

有名な「リーマン・ショック」があります。
その際の社員の方々のご発言が以下に書かれていました。

「こんな急に…」 東京のリーマン社員、ショック…米リーマン破産法申請で

> 「こんなに急に(業績が)悪くなるとは思っていなかった」
> 「会社からは説明がなく、自宅でニュースを見て知った。ショックで今は何も話したくない」

破産法の申請の前には、
上記の1~4のような「プラス思考もどき」的な事を考えていたのではないかと、
筆者は想像してしまうのですが。

どうなんでしょうかね?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/02/19(土) 06:52:05|
  2. 心理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連鎖が連鎖を呼ぶ

連鎖には、「良い連鎖」もあると思いますが、
今回は「悪い連鎖」を取り上げてみます。

例えば、「脅し」を受けたとしましょう。
貴方ならどう思いますか。

「脅しか。?をしてくるんじゃないだろうか?」
「いや違う。?をして?をしてくるんじゃないだろうか?」
「以前は?をしてきたから、今度も?をしてくるんじゃないだろうか?」
「もし、?をしてきたらどうしようか?」
「?をすれば回避出来るんじゃないだろうか?」

上記の様な事を思った貴方は「要注意」です。
「負の連鎖」に陥っていると思います。
そして、その状態に取った言動は、
後になってみると「なぜそんな事をしたの?」ときっと思うと思います。
きっと、精神不安定な状態なのでしょう。

だいたい、考えてみて下さい。
上記の事は「貴方が」思っただけであり、「相手が」思ったわけではないのです。
貴方と相手は「別の人間」です。
同じ事を思う保証は有りません。
また、「相手の言動が全て予測可能」なんていうのは超能力みたいなものです。
貴方は超能力者ですか?違いますよね。
更に、「以前は?をしてきたから」といっても、
以前と同じ事をしてくる保証もまた有りません。
おそらく、「予測が当たる可能性は相当低い」と思います。
だったら、「なぜそんな事をしたの?と思う言動」を取る前に、
相談するなり熟考するなりすれば良いのではないでしょうか。
脅しで、身体や生活などに危険が及ぶのならば、
一時的に雲隠れでもすれば良いのではないでしょうか。
それで解決するかどうかは別としても。

または、仮にその脅しが現実になったとしましょう。
脅しによって戦わなければいけないのなら、
だったら戦うしかないのではないでしょうか。
最悪、相打ちになっても仕方ないぐらいの覚悟を持って。

または、もし「なぜそんな事をしたの?と思う言動」を取ってしまったらどうすれば良いでしょう?
その時の事を思い出して、
「その脅しがなければしていた事」を、
また行えば良いのではないでしょうか。
すぐには無理かもしれませんが。

一旦マイナス思考に陥ると、とことんマイナス思考に陥ってしまいます。
そうなって後戻り出来ない言動を取る前に、
少し時間を置いて考えてみましょう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2010/04/29(木) 19:19:57|
  2. 心理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。